新生児蘇生法普及事業

講習会開催予定情報

講習会開催実績

各種手続きのご案内

リンク

アクセス・地図

各種手続き書類のダウンロード

各種申請書類のアップロード

NEWS Letter

NCPRガイドライン改訂特設サイト

日本周産期・新生児医学会
日本周産期・新生児医学会
新生児蘇生法普及事業 事務局
〒162-0845
新宿区市谷本村町2-30
TEL:03-5228-2017
FAX:03-5228-2104
MAIL:info@ncpr.jp

講習会の種類

Iコース

対象「専門コース」の認定を修了し、ガイドライン2010へアップデートしていることに加え、

1. 日本周産期・新生児医学会の会員である医師

2. 前項と同等以上の能力を有し、日本周産期・新生児医学会暫定指導医の推薦を得た医師

3. 新生児蘇生に携わる専門性の高い看護師、助産師であり、所属団体から推薦を得た者

内容インストラクターとして講習会を開催するための知識・実技実習に関する指導法の習得
講習時間5時間

Aコース

対象二次・三次周産期医療機関の医師、日本周産期・新生児医学会専門医、新生児蘇生に携わる専門性の高い看護師・助産師 等
内容気管挿管や薬物投与などの高度な手技もしくはその知識を含む、高度な新生児蘇生法
講習時間講義と実習をあわせて標準5時間
受講生全員1人のインストラクターあたり最大8名まで

Aコース修了認定者はその後一定の手順を経て、Bコースのインストラクターの資格を得ることができます。

Bコース

対象一次周産期医療機関の医師、新生児蘇生に携わる一般の看護師・助産師、卒後臨床研修プログラムにおける産科・小児科研修医、医学部学生、看護および助産学生、救命救急士等
内容気管挿管や薬物投与など高度な手技を除く、基本的な新生児蘇生法
講習時間講義と実習をあわせて標準3時間
受講生全員1人のインストラクターあたり最大10名まで

新生児科医のみならず、分娩にかかわる産科医、助産師・看護師、さらには医学生・看護学生、救急救命士等にも役立つ蘇生手技を講習していますので、多くの方の参加をお待ちしています。