新生児蘇生法普及事業

講習会開催予定情報

講習会開催実績

各種手続きのご案内

リンク

アクセス・地図

各種手続き書類のダウンロード

各種申請書類のアップロード

NEWS Letter

NCPRガイドライン改訂特設サイト

日本周産期・新生児医学会

事前公認申請・実施報告をする


日本周産期・新生児医学会
新生児蘇生法普及事業 事務局
〒162-0845
新宿区市谷本村町2-30
TEL:03-5228-2017
FAX:03-5228-2104
MAIL:info@ncpr.jp

講習機材のご紹介

新生児蘇生法講習会で使用されている講習機材をご紹介いたします。これらは日本周産期・新生児医学会/新生児蘇生法委員会で開催されている新生児蘇生法インストラクター養成コースで使用されている物品を参考例として示したものです。

(注1) 新生児蘇生法講習に必要な機材が写真で紹介されていますが、偏って「特定の商品名」「企業名」などを特定し推薦するものではありません。講習会を開催される施設や講習会場の状況に応じて、日常的に使用されている機材を用いてもかまいません。

(注2) 下記の参考例には講習会専用に手作りした物品(非売品)や一般雑貨品も含まれています。

蘇生テーブル(任意選択)
一般名称:ラジアントウォーマー
実際のラジアントウォーマー(写真①)を使用して新生児蘇生法講習を行なうことはとても効果的です。保温のためのスイッチ、吸引、酸素ブレンダー、タイマーなどがラジアントウォーマーに装着されているのでより実践に近い環境でシミュレーションを行うことが可能となります。講習会場によってはラジアントウォーマーの搬入が困難な場合もありますし、実際に日々使用している器具を講習会用に使用しないルールを定めている場合もあります。ラジアントウォーマーその他の臨床用機器の使用につきましては主催者は事前に利用可能かどうか確認しておく必要があります。
一般名称:講習用蘇生台(簡易テーブル)
実際のラジアントウォーマーを使用できない場合は会議用テーブルの上に簡易型の蘇生テーブル(写真②)を置くことをお勧めします。
会議用テーブルの上に新生児蘇生モデルを直接置いて実習することも可能ですが、実際の蘇生台よりは会議テーブルの高さが低いので、写真③のような「足付き簡易型テーブル(約5cm高くなります)」を使用すると良いでしょう。
新生児蘇生モデル
一般名称:新生児蘇生モデル
新生児蘇生モデル(写真①)は新生児の体格、外表、口腔内、気道、気管などの形状が解剖学的に正しく精巧に模擬化されています。適切な陽圧換気に同調して胸郭が動くこと、胸骨圧迫の際の弾力性が実感できること、気管挿管に置けるランドマークが正しく理解できることなどに留意して作られています。


気道開通の処置、人工呼吸、胸骨圧迫、気管挿管など新生児蘇生に必要な手技が実際の蘇生にできるだけリアルにシミュレーションが出来るように作られているモデルです。新生児蘇生法講習会はこのような精巧な新生児蘇生モデルを使用したシミュレーション基盤型講習を行います。また心拍数や呼吸、皮膚色、泣き声などを遠隔操作で表現したり、シナリオのプログラムや講習の記録を残せるような高機能型のシミュレーターも存在します(写真②)
Tピース蘇生装置【CPAP】
一般名称:Tピース蘇生装置(持続的気道陽圧に用いる)
蘇生の初期処置が終了したのちに、心拍数100/分以上で自発呼吸があり、努力呼吸と中心性チアノーゼの両方が認められる場合、まず空気を利用した「持続的気道陽圧(CPAP)が推奨されています。
Tピース蘇生装置(写真①②)は本体ダイヤル側で最大吸気圧(PIP)を設定し、手元のダイヤル(患者側)で呼気終末気道内圧を調整することができます。人工呼吸に必要な吸気圧や呼気終末の気道内圧を設定値によって一定に規定することが可能です。吸気のタイミングも蘇生者の手元のバルブを親指で操作するだけで簡単です。
蘇生者はマスクの密着に集中することが可能なので誰でも人工呼吸を実施することが出来るという長所があります。その一方で、ガス源を必要とする、通常の人工呼吸と同様に口元のリークが大きければ無効である、肺のコンプライアンスを感じることが出来ない、などの欠点もあります。最近では呼吸器本体を必要としないディスポーザルのTピースの回路(写真③)が販売されています。
新生児用蘇生バッグ
一般名称:自己膨張式蘇生バッグ
自己膨張式バッグ(写真①)の長所はガス源に接続しなくともバッグが元通りに自然に膨張してくれることです。マスクの密着が多少甘くともバッグは膨らみますのでそのまま人工呼吸を続けることができます。
リリーフバルブが装着されているので過大な圧力がかかるリスクは軽減されます。 その反面、有効な人工呼吸となっていないことに気付きにくい、ということが短所となります。人工呼吸が正しく行われているかどうか必ず確認する必要があります。また、高濃度酸素の使用に関してはリザーバーが必要となります。近年ではPEEPバルブ(写真②)付きのものも販売されていますので呼気終末気道内圧を設定することも可能になりました。蘇生バッグの容量は正期産児を対象として500mlを推奨しています。
一般名称:流量膨張式バッグ
流量膨張式バッグ(写真①)の長所はガス源からのそのままの酸素濃度で換気が出来ることです。ブレンダーを使用すればブレンダーで規定したそのままの酸素濃度で人工呼吸を行うことができます。フリーフローの酸素投与も可能です。熟練者はバッグを通してあかちゃんの「肺のコンプライアンス」を手元で感じることも可能です。
マスクCPAPを行うこともできます。短所はマスクをしっかりと赤ちゃんにフィットさせていないとバッグがふくらまないこと、ほとんどの市販品にリリーフバルブを装備していないこと、などです。適切な吸気圧で人工呼吸を行うためにはマノメーター(写真②)の使用が必須です。接続するガスの流量としては5-10㍑/分が適切でしょう。
喉頭鏡
一般名称:新生児用喉頭鏡
新生児の喉頭展開に使用する喉頭鏡は直式ブレード(ミラー型、ウィンスヒップル型)で サイズは 00/0/1を主に使用します。サイズ00を用意していない市販品もありますが、成熟児のみを扱う場合にはサイズ0と1で十分だと思います。ブレードの形状、グリップの形状はそれぞれの製品で若干異なりますのでそれぞれの好みで選択していただいてかまいません。
エアポンプ
一般名称:エアポンプ
講習会では流量膨張式バッグによる人工呼吸の実習があります。ガス配管のある会場以外での講習会の場合、ガス駆動源としてエアポンプ(写真①)の準備が必要となります。最大流量は10㍑/分以上のものが必要です。酸素流量計(加湿瓶は不要)も併用すると実習中のガスの流量がどのくらいなのか確認することが可能です。
酸素流量計/ブレンダー
一般名称:空気・酸素混合器
2010年版ガイドラインで酸素濃度を児の状態に合わせて調整することが推奨され、2015年版ガイドラインでも同様に継続して推奨されています。ブレンダー(写真①)の使用は必須と言えますが、新生児蘇生法の講習会場に医療ガス配管が設備されている場合を除いて酸素・空気を調整するブレンダーを用いた講習は困難です。また、ブレンダー単体も高価格であり講習会のために準備するのは難しいと考えられます。
ブレンダーの代用品としてブレンダーを模したシミュレーターを作って使用してみてはいかがでしょうか。適当な紙箱に「ダイヤル」と「酸素濃度の目盛り」を付け加えた手作りのもの(写真②)を使用するのも良い工夫です。
パルスオキシメータ
一般名称:酸素飽和度測定器
2010年度版ガイドラインは新生児蘇生が必要とされる児を客観的に評価するためにパルスオキシメータ(写真①)の使用を推奨しています。
また、酸素の過剰投与を避けるためにもパルスオキシメータの使用は必須と考えられます。その推奨は2015年版ガイドラインでも変更はありません。インストラクター養成コースでは特別にデザインされたパルスオキシメータシミュレーター(写真②)を使用していますが、
一般の講習会ではディスポーザルのSpO2センサーと心拍数とSpO2値を表記したフリップチャート(写真③)を組み合わせることで十分に効果のある講習が可能です。
NCPR委員会で開発した簡易型のシミュレーター(写真④)もあります。
ECGモニター
一般名称:心電図モニター
2015年版ガイドラインに人工呼吸が必要な児について「ECGモニターの装着を検討」と記載されました。より正確に、より客観的に児の心拍数を評価することは正しい蘇生の方針決定に役立ちます。高機能シミュレーターのなかには自ら心拍を発し、別体のモニターに心電図表示が可能な物もあります。しかしそのような高機能シミュレータは非常に高価で一般的ではありません。通常の新生児モデルを使用した講習会の場合、心電図の電極(写真①追加)を新生児モデルに装着した後、フリップチャートなどを用いて心拍数を表現することで心拍数を表現する工夫が必要になるでしょう。
アルゴリズム図、イーゼル
一般名称:アルゴリズム図 イーゼル
アルゴリズム図(写真①)は本医学会(新生児蘇生法普及事業事務局)で販売していますが、講習ではこの図をパネルに貼り付け、イーゼル(写真②)を使用して受講者から常に見やすい位置に掲示することをお勧めしています。
 
消耗品収納袋
一般名称:収納袋
講習会で使用する消耗品は様々な種類があります。それぞれの物品を箱の中から取り出し、確認しながらテーブルの上に並べ直すのも時間がかかり煩わしい作業となります。どこに何が収納されているか一目で把握できる専用ポケットがついた収納袋(写真①)はその煩わしさを解消してくれます。
消耗品類
消耗品名称 使用サイズ 販売企業(参考) 備考
吸引チューブ 12Fr
10Fr
8Fr
6Fr
テルモ、他
バルブシリンジ
アトムメディカル、他
フェイスマスク 大(新生児用)
小(新生児用)
アトムメディカル、アンブ、他 アナトミカルシェイプ
気管チューブ 3.5mm
3.0mm
2.5mm
コビディエン
テルモ、他
カフなし
スタイレット 2.5mm以上対応
2.0mm以上対応
スミスメディカル
インターメド
標準タイプ
極細タイプ
呼気CO2検出器 ペディキャップ
ミニスタットキャップ
コビディエン
エムピーアイ
臍帯静脈カテーテル 5.0Fr コビディエン PVCフリー
新生児用聴診器 新生児用 リットマンスリーエム、他
栄養チューブ 6.0Fr アトムメディカル、JMS、他 カテチップ型 造影剤ライン入り、誤接続防止型
注射器(カテチップ) 1.0ml
2.5ml
5.0ml
10.0ml
20.0ml
30.0ml
50.0ml
JMS、他
注射器(汎用型) 1.0ml
2.5ml
5.0ml
10.0ml
20.0ml
30.0ml
50.0ml
テルモ、ニプロ、他 汎用型
SpO2センサー
プローブ
新生児用 マシモ、日本光電、コビディエン、他 ディスポーザブル (ケーブル付き)
ECG電極 新生児用
絆創膏 1.0cm幅 スリーエム 汎用品
バスタオル 2枚 汎用品
フェースタオル 2枚 汎用品
ラリンジアルマスク 新生児用 インターサージカル
その他